売買物件

堀米町(堀米駅)

価格 650万円

城北小学校至近 便利な住環境です。是非お問合せ下さい。

 

新しい生活を堀米町で初めてみませんか?子育てに環境の良い物件です。小学校・病院・スーパーも近いです。

更地

栃木県佐野市堀米町

1区画

土地面積:184.78m2(登記)

2沿線以上利用可 / 土地50坪以上 / スーパー 徒歩10分以内 / 閑静な住宅地 / 総合病院 徒歩10分以内 / 前道6m以上 / 整形地 / 都市ガス / 小学校 徒歩10分以内 / 平坦地

堀米町(堀米駅)

価格 498万円

人気の堀米町で新しい生活を始めてみませんか?

 

生活利便施設充実、まずはお問合せを

resizeImage.jpg

中古一戸建て

栃木県佐野市堀米町

4DK

土地面積:188m2(登記)

​建物面積:104.4m2(登記)

1966年7月

南向き / 駅まで平坦 / 2階建 / 都市ガス

城北4(小山駅)

価格 1280万円

城北小至近、便利な住環境です。

人気の城北4丁目で新し生活を始めてみませんか、便利な立地で生活し易いですよ。是非ご内覧してみてください。

resizeImage.jpg

中古一戸建て

栃木県小山市城北4

4LDK

土地面積:266.65m2(登記)

​建物面積:125.3m2(登記)

1978年2月

物件情報、まだまだ豊富にございます!

​まずはお気軽にお問合せください!

ご契約までの流れ

見学

物件検索

​引渡し

契約

STEP5

STEP4

STEP3

STEP2

STEP1

資金計画

STEP1

資金計画をたてましょう

佐野市での土地、新築・中古住宅を売買購入する前にまずは資金計画をたてていきましょう

1どのくらい借り入れが可能か?
・自己資金はいくらか(現金・預金等+身内からの資金援助)
・勤続年数や年収等はどのくらいか
・他にローンなどがあるか
などで借り入れできる金額がある程度把握できます。

2無理のない月々の返済金額はいくらかを計算します

3物件購入による、おおよその諸費用・税金・引越し費用等を出します

1・2・3をふまえた上で、購入できる売買物件の上限金額を算出します。
間取りや佐野市の住みたいエリアなど希望条件を設定しておきましょう。
佐野市の情報をあらかじめ調べておくと住みやすいエリアなども絞れるのでおススメです。

もし資金計画や借り入れに関するお悩みなどがございましたら、対策方法や法律に詳しいスタッフが相談を受けさせていただきます。どんなことでもご相談ください。

STEP2

佐野市の土地、新築・中古住宅など売買物件を探す

土地や新築・中古住宅は一生に一度の大切なお買い物です!
お客様の資金計画、ご希望条件をお伺いし、最適な物件を多数ご紹介させていただきます。
物件のメリット・デメリットを丁寧かつ正確に説明させて頂きますので、どんな小さなことことでもご質問ください。お客様にはご納得いくまで悩んで頂きます。
ご相談事があれば何でもお申し付けください
無理な営業はいたしませんのでどうぞご安心ください!

STEP3

物件・周辺環境の見学をして佐野市を知りましょう

気に入った売買物件が見つかったら、物件を見学しに行きましょう。
間取り、設備、学校などの周辺環境や市役所・駅などの公共施設を確認して佐野市を知りましょう。
また中古物件の場合は雨漏りやシロアリ被害など、建物の破損個所がないかをよくチェックして
購入後のトラブルを未然に防くようにしましょう。

STEP4

​売買契約をする

購入したい売買物件が決まりましたら、
売買物件に関する重要事項の説明を受けていただき売買契約をします。
・購入金額
・引渡しの時期
・手付金の金額
・購入後の保証等
上記の内容を、売主様、買主様の双方がご納得いただける内容にて売買契約を結んでいただきます。
書面にて契約書を作成し、内容をよくご確認していただいたうえでご捺印をお願いしております。
その後、金融機関にて住宅ローンの申込みに入ります。

STEP5

物件の引渡しと代金の支払い

住宅ローンの融資実行に伴ない、代金の支払いと司法書士による登記が行われます。
借り入れ金融機関で行われ、諸費用も払い込みすべて終了になります。
その後、引越し・ご入居となりますが、佐野市への転入届、クレジットカードや郵便物などの住所変更も忘れないようにしましょう!

プロが教える失敗しない物件選び5つのポイント

1:条件の優先順位をつける

条件はきちんと決めておき優先順位をつけておく。100%希望の物件はなかなか無いものです。あらかじめ優先順位をつけることで妥協しても良い条件が見えてきます。

2:まず玄関や駐輪場を見よう!

ネット広告では、物件の外観と部屋の写真が多く、それだけで比較検討しがちです。せっかく物件見学するのですから、ネットに出ていないところもしっかり見ましょう。まずは物件の外回りです。
3:部屋までの導線をよく見よう!
エントランスに入ったら、まずポストを見ましょう。ガムテープが張られているところが多いという事は、空室が多いという事です。また、ポストが凹んでいる物件は気を付けましょう。どうして、ポストがボコンと凹んだりしているのか。そしてなぜそれがそのまま放置されているのか。入居者のマナーの悪さや、管理のずさんさが伺えるのです。
4:実際に生活するふりをしてみよう!
洗濯を干すふりをしてみたり、料理をするふりをしてみたりするといいでしょう。料理をするにはコンロが少なく、調理具の収納も少なく、手元が低いと感じることもあるかもしれません。ベランダの外はなにが見えるか。洗濯物が向かいのマンションから丸見えでは恥ずかしいですし、外部からの侵入しやすさも気にしましょう。防犯の為です。
5:通勤・通学時の状況を確認しよう
駅から「徒歩○分」。これには「徒歩1分=80m」という基準で広告する事が、宅建業法で決められています。従って、物件までのルートが坂道であろうが、信号がいくつあろが、開かずの踏切があろうが、「400mなら、400÷80=5分」と記載する事が認められているのです。従って、同じ5分でも実際に歩いてみると、とても5分では着かないという事もあります。